Jan 22, 2015 - スキンケア    Comments Off on 紫外線をカットして日焼け対策をする

紫外線をカットして日焼け対策をする

紫外線対策の基本は、太陽光の下に出る時に紫外線を肌に浴びないようにするということです。かといって、屋内に閉じこもっていることはできません。戸外に出る時は紫外線を肌に浴びる機会を少なくするために、サングラス、帽子、日傘などUVカット効果のあるものを使っていきましょう。紫外線は人の目には見えないため、どこにあるかもわかりませんが、物体や地面からの反射で皮膚に届く場合もあります。そのため、頭上からの紫外線ばかりを意識して対策をしていると、下や横からの紫外線を忘れてしまいがちです。紫外線の対策をするならば、細かいところにまで気を配って対処しなければ効果がありません。紫外線を散乱または吸収するサンオイルを皮膚に塗っておくことも紫外線対策になります。紫外線対策の効果を保つためには、1日数回、日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。女性は、化粧室でメイクを直す時に日焼け止めクリームを改めて塗り直すことで、紫外線対策効果を保つことができるようになります。日焼け止めクリームには、SPFという紫外線をガードする指数が表示されています。SPFの強いものは普段は使わず、強烈な紫外線の下で活動する時に使います。例えば、普段使いはSPF20で、海水浴の時はSPF50を使うといったようにです。紫外線対策はしっかりと意識をして、小まめにケアする事が大切です。

★シルキーカバーオイルブロックを勧めたい人は【この6タイプ】
http://シルキーカバーオイルブロック・.jp/